薙刀少女

www.vivienne.co.jp

f:id:simmel20:20210512111902j:plain(成海花音)

www.youtube.com

   大島弓子原作・金子修介監督の 映画『毎日が夏休み』以来佐伯日菜子のファンなので、今年高校卒業と同時に女優デビューした娘、成海花音も応援している。映画はまだ観ていないが、健康的で眩しい肢体が魅力的な(デジタル)ファースト写真集は買っている。
 この成海花音さん、所属事務所Vivienne(ヴィヴィアン)公式HPの記載によれば、薙刀歴9年の初段で、全国少年少女薙刀錬成大会第3位、神奈川県大会優勝の実績があるとのこと。頼もしい。
 さていまSNSで話題になっている、朝日新聞掲載の宝島社の広告、戦時竹槍で敵に立ち向かわせる少女たちの姿に、現在の日本政府の新型コロナウイルス感染症に対する〈無策〉ぶりをオーバーラップさせようとの意図が明白である。だいたい戦時の体験など知っている年代はもはや存在せず、生きていてもボケかかっている場合がほとんどであろう。この広告では写真の出典を明示していないが、さすがネット社会、すぐに判明。少女たちの使用している武具は竹槍ではなく、薙刀とのこと、つまり薙刀の錬成場面(しかも1941年の)なのである。そのかみ軍国主義を煽った朝日新聞にしてはチェック機能が働いていない。そもそも新型コロナウイルス感染症対策はワクチンが最終・最高の方法であることは、イスラエル、イギリス、アメリカの事例が立証している。従来から〈反ワクチン〉村が勢力をもっている日本で、ワクチン導入が遅れるのはやむを得まい。勝負はこれからである。個人的には、注射針が極細であることを祈りたいが。✼この広告が掲載されたのは、朝日のほか、讀賣、日経とのこと、訂正したい。

 

 

 

 

japan.cnet.com

  

 

 

 

 

 

 

 

 

名優ダーク・ボガード命日

    ダーク・ボガード(Dirk Bogarde)は、1999年5/8に78歳で亡くなっている。昨日が命日である。多くの出演作品があるらしい中で代表作とされる作品を観ているだけだが、好きな男優であった。映画館で観たのは次の作品。

f:id:simmel20:20210509164512j:plain

f:id:simmel20:20210509164527j:plain

f:id:simmel20:20210509164536j:plain

ジョセフ・ロージー監督『召使(THE SERVANT)』。召使バレット役。英国アカデミー賞主演男優賞受賞。

f:id:simmel20:20210509165107j:plain

f:id:simmel20:20210509165116j:plain

ジョセフ・ロージー監督『唇からナイフ(MODESTY BLAISE)』。国際盗賊団首領ゲブリエル役。女賊モデスティ・ブレーズ役は、モニカ・ビッティ。

f:id:simmel20:20210509170913j:plain

f:id:simmel20:20210509170926j:plain

f:id:simmel20:20210509171834j:plain

ジョセフ・ロージー監督『できごと(ACCIDENT)』。オックスフォード大学哲学の教授スティーブン役。留学生アンナ役はジャクリーヌ・ササールカンヌ映画祭審査員特別賞・国際批評家賞ダブル受賞。

f:id:simmel20:20210509171935j:plainf:id:simmel20:20210509171947j:plain

f:id:simmel20:20210509172039j:plain

ルキノ・ビスコンティ監督『地獄に堕ちた勇者どもTHE DAMNED)』。鉄鋼工場総支配人ブルックマン役。

f:id:simmel20:20210509180016j:plainf:id:simmel20:20210509180028j:plain

f:id:simmel20:20210509180050j:plain

ルキノ・ビスコンティ監督『ベニスに死す(DEATH IN VENICE)』。ドイツ人作曲家グスタフ・フォン・アシェンバッハ役。美少年タジオの母親役がシルバーナ・マンガーノ。
 輸入盤DVDで観たのが、リリアーナ・カヴァーニ監督『愛の嵐(The Night Porter)』。ホテルのフロント係、じつは元ナチス親衛隊将校マクシミリアン役。少女時代にナチのユダヤ人収容所でマクシミリアンから凌辱されていた、いまは米国の有名な指揮者夫人ルチア役は、シャーロット・ランブリング。このDVDが見つからない。

www.youtube.com

珈琲の豆にはこだわりなし

   中村倫也主演のテレビ東京連続ドラマ『珈琲いかがでしょう』は、第1回ゲストに貫地谷しほりが出ていたので観て、そのまま惰性で観ている。ある回で、ジャコウネコの糞から採取される豆を使った珈琲についてとり上げていた。コピ・ルアク(ジャコウネココーヒー)で、生豆は相当高価らしい。
 こちらは珈琲豆にこだわりはなく、酸味さえ強いものでなければ構わない。つまりあまり判別できる舌をもっていないということである。昔は焙煎豆を買って来て珈琲を入れたものだが、面倒になり、いまはローソンの「深いコクのドリップコーヒー」を愛用している。これはいい。

www.tv-tokyo.co.jp

www.ejcra.org

simmel20.hatenablog.com

 

死神博士の天本英世:『仮面ライダー』放送50周年

www.tv-asahi.co.jp

仮面ライダー』が初めて放送されたのが、1971年4月、つまり今年で50周年になるとのこと。長男が子供のころ一緒に観ているので、初代ライダーなどは何回目かの放送の時だろう。5/3(月)に長男がKくん(孫1号)とAちゃん(孫2号)を連れて遊びに来たので、CSテレビ朝日の『仮面ライダー百選』をKくんと観るのだが、Kくんウルトラマンの方にハマっていて、この企画には全然興味がわかないようだった。Aちゃん、今回リカちゃん人形一式を持参していないので退屈そうだった。そこで4人で、リカちゃんカードを使ってババ抜きの、古典的ゲームを楽しんだ。こちらが最後にショッカーいやジョーカーを引いて大敗北、川崎フロンターレに完膚なきまで叩きのめされた名古屋グランパスのような敗戦ではあった。

f:id:simmel20:20210505190110p:plainf:id:simmel20:20210505190121p:plain

 『仮面ライダー』で悪の秘密結社ショッカーの大幹部死神博士を演じていたのが、天本英世

www.kamen-rider-official.com

simmel20.hatenablog.com

 この天本英世が、先日逝去した渡辺守章さん訳・演出のラシーヌ劇『ブリタニキュス』(1980年6月紀伊国屋ホールにて)に、ローマ時代の老人(タキトゥス)役で出演している。

f:id:simmel20:20210505191058j:plain

f:id:simmel20:20210505191112j:plain

f:id:simmel20:20210505191130j:plain

 いま知ったことだが、衛兵・群衆の一人として、若き渡辺謙も出演していたのだ。面白い。

f:id:simmel20:20210505191616j:plain

f:id:simmel20:20210505191649j:plain
 

 

今年のアヤメ

f:id:simmel20:20210502110640j:plain

f:id:simmel20:20210502110655j:plain

 庭のアヤメ(文目)が咲いた。2011年6/4のブログ記事「あやめと花あやめ」を掲載(4回目)しておこう。

▼わが家の庭には、菖蒲とアヤメがともに植えられてある。アヤメは、昔は花あやめ、菖蒲はあやめと、それぞれ呼称されていたらしい。植物の分類でも、菖蒲(あやめ)はサトイモ科で、アヤメ(花あやめ)は、アヤメ科である。さ月4日に観た芝居の役者吉岡求馬(もとめ)が、翌日急死、追善の句「花あやめ一夜にかれし求馬哉」(岩波文庫芭蕉俳句集』)は、アヤメ。「あやめ草足にむすばん草蛙の緒」or「あやめ草紐にむすばん草蛙の緒」&「ほとゝぎす啼(なく)や五尺の菖(あやめ)草」(岩波文庫前掲書)は、菖蒲ということだろうか。

 さらに、花菖蒲(ハナショウブ)と杜若(カキツバタ)を並べて、その区別をすることとなると、やっかいである。

chiik.jp
 本歌取りもしくは引用の伝統について論じた『引用する精神』は、芭蕉の「ほとゝぎす啼(なく)や五尺の菖(あやめ)草」の句を分析している。かつてHPに記載したreviewから。

◆「述べて作らず」の精神こそ、わが邦の学問と文藝の伝統であることを論じた、勝又浩法政大学教授の『引用する精神』(筑摩書房)は、実に示唆に富んでいる。菅原道真の「学問ノ道ハ抄出ヲ宗ト為ス。抄出ノ用ハ藁草(今風にいえば、古今の情報を収録したフロッピーにあたるようだ)ヲ本ト為ス」の言葉は、感銘は受けるが、直接はこちらに関わりがない。藤原良経の「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む」の歌をめぐる本歌取りについての議論が面白く勉強になった。

 現代の解釈では次の三首ないしはじめの二首がこの歌の本歌候補だそうだ。

 わが恋ふる妹は逢はさず玉の浦にころも片敷き独りかも寝む (万葉)

 さむしろに衣かたしきこよひもや我を待つらむ宇治の橋姫 (古今)

 あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む (万葉)

百人一首」にこの「きりぎりす……」を選んだ定家には、「さむしろに……」の古今の歌を本歌にした秀作がある。

 さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかたしく宇治のはしひめ

「片敷くのは衣だという定型表現」を前提にして、「衣ならぬ川に映る月をかたしく」という「見事な転換」の妙が定家の歌にあるとすれば、良経の歌のほうは、橋姫に失恋して「衣かたしきひとりかも寝む」との、万葉の「わが恋ふる……」に連なる純朴さは感じられても、表現として「凡庸、あるいは迂闊な盗用」でしかない。そこで立ち止まり、勝又教授は、この歌の本当の本歌を次の歌ではなかったかと推定している。

 ほととぎす鳴くやさ月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな (古今)

「きりぎりす……」の上句の語勢はここからきているし、季節は春を秋に移し、恋を失恋に進めていて「見事な換骨奪胎」の表現になっているのである。なるほど首肯できる。ゾクゾクする考察だ。

 きりぎりすは、古今以降「こほろぎ=鳴く虫」の名と入れ替わっていて、きりぎりすは新しい歌種として注目されはじめたところで、「きりぎりす……」の歌が「ほととぎす……」の変奏として読まれ、人々の驚嘆を誘ったのではないか。

 この「ほととぎす……」の序詞の部分を本歌取りして、作られたのが芭蕉の一句。

 ほととぎす鳴くや五尺のあやめ草

「さ月=五月」が「五尺」に変換されている。ところが、俊恵法師の言葉として、「五尺のあやめ草に水をいかけたるやうに歌は詠むべしと申しけり」とあり、芭蕉はこれも踏まえているわけだ。この句は、「横から見ても縦から見ても、一語一句すべてが何首かの本歌の影を映した引用合成」の傑作なのだ。おそらく現代小説といえども、このような表現の連鎖を基盤にしてのみすぐれた作品が作られるであろう。

 なおこの稿には余談的面白さもある。「五尺のあやめ」を文字通りとれば、1メートル50センチの丈のあやめということになり、それはないようだ。あやめも菖蒲もカキツバタも大きくて80センチ止まりとのことだ。俊恵法師の「五尺」は、教授の推定によれば、正確には古代的単位の「五咫(し)」で、一咫(し)は約18センチだから、「五尺」すなわち「五咫(し)」は約90センチ、よく伸びたあやめ草の形容としてはピッタリなのだそうだ。知的興奮を味わえる想像である。(2004年7/11記)……

 

明日海りおのトート閣下(DER TOD)にはゾクッとさせられた

f:id:simmel20:20210501191639j:plain

エリザベート』TAKARAZUKA25周年記念スペシャル・ガラ・コンサート公演プログラム

f:id:simmel20:20210501191848j:plain

 

f:id:simmel20:20210501192329j:plain

 4/24(土)17:00〜ネットのライブ配信にて、『エリザベート』TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート公演、Orb(東急シアターオーブ)での、フルコスチューム2014年花組ヴァージョンを観た。この冬フジテレビ系で火曜日21:00〜放送の『青のSP(エスピー)』で主演のスクールポリス藤原竜也の恋人役で明日海りおが出演していて、惹かれるところがあった。またNHK朝ドラ『おちょやん』でさらに名前を刻印。同じ花組2014年ヴァージョンの『エリザベート』でトートを演ると知り、すぐにライブ配信を申し込んだ。宝塚『エリザベート』は史劇の側面より、愛をめぐる内なるドラマとして展開することは承知、じつに愉しく観劇。
 トート閣下の明日海りおさまの、歌と微妙な唇の変化も含めた冷たく燃え上がる表情にゾクッとさせられた。エリザベート(ELISABETH)役の蘭乃はなも可憐で清潔感があり適役だが、終幕でエリザベートを殺すことになるが、物語の進行役のようでもあるルキーニ( LUCHENI)役を演じた望海風斗(のぞみふうと)は、歌も表情もすばらしかった。本日届いた公演プログラムによれば、明日海りおと同期で、明日海りおが花組の、望海風斗は雪組のトップスターだったとのこと、納得。

f:id:simmel20:20210501210151j:plain

f:id:simmel20:20210501210216j:plain

f:id:simmel20:20210501210228j:plain

f:id:simmel20:20210501210252j:plain

f:id:simmel20:20210501210322j:plain

f:id:simmel20:20210501210344j:plain

f:id:simmel20:20210501210358j:plain

simmel20.hatenablog.com

simmel20.hatenablog.com

news.yahoo.co.jp