6月大歌舞伎公演・第3部有吉佐和子作『ふるあめりかに袖は濡らさじ』観劇

 昨日6/27(月)は、歌舞伎座にて6月大歌舞伎公演・第3部有吉佐和子作『ふるあめりかに袖は濡らさじ』を観劇。千穐楽公演であった。歌舞伎の世話物狂言と新派劇が融合した舞台で、齋藤雅文坂東玉三郎の演出、坂東玉三郎(藝者お園)・中村鴈治郎(岩亀楼主人)・中村福之助(通辞藤吉)の歌舞伎役者と、河合雪之丞(花魁亀遊)・伊藤みどり(遊女マリア)・喜多村緑郎(思誠塾門人岡田)・桂佑輔(米人イルウス)ら新派役者が共演している。横浜遊郭の華麗な舞台装置は歌舞伎、港の時折聞こえる汽笛の音が醸し出す雰囲気は新派の舞台。河合雪之丞の亀遊が花魁姿で大広間に登場したとき、その艶やかさに思わず息を飲んだ。
 アメリカで医療の修業を志す通辞藤吉と密かに恋しあっていた亀遊は病の床に臥せっていたが、徐々に快復しつつあったあるとき、米人イリウスから借金の600両の支払いで身請けの約束を岩亀楼主人と交わされてしまう。亀遊は自害し、そのことが攘夷の大義に殉じた女郎として評判となり、亀遊の人生の悲哀と絶望、晩年の儚く切ない幸せを知っていたお園が、酒の力をも借りて「攘夷女郎」の伝説の語り部となる。語り継がれる虚構の底に、お園は亀遊の人に知られてはならぬ哀しみの真実を封じ込めたのだ。幕末における悲憤慷慨の正義派=攘夷派の浪士たちを前にして、どんどん虚構の物語をいかにも思いついたように喋り出すお園を、坂東玉三郎がみごとに演じ切り、幕切れのひとり虚空に視線を向ける佇まいに痺れるばかりであった。
 なお最前列でもほとんど右端に近く、左耳難聴のこちらとしては、抑えた玉三郎の声がよく聴き取れないところもあり残念であった。イリウス役の桂(けい)佑輔さんが、わが高校のはるか年少の同窓と知らされ慌ててチケットを購入したためである。桂佑輔さん、いかにも好色な米国人そのもので好演、感心した。有吉佐和子の(小説ではなく)戯曲原作が読みたいと探すと、「日本の古書」でも在庫なし、お手上げであった。

 

eiga.com

www.kabuki-bito.jp

www.sankei.com

bunshun.jp

simmel20.hatenablog.com

 

船橋市は比較的涼しい地域である

 もともとの「試される大地」とは?

hokkaidolikers.com

 船橋市は比較的涼しいところであることがわかる。「 Weather Spark」によれば、「1年を通して、気温は 1°Cから 30°Cに変化しますが、-2°C 未満または 34°C を超えることは滅多にありません」とある。6/28〜9/18までの期間が暑い季節で、1日平均の最高気温が26°C以上。ありがたいことである。

ja.weatherspark.com

 

フクダ電子アリーナとアメリカディゴの花

 この花に出会ったのは、JR外房線蘇我駅からフクダ電子アリーナに至る途中、左に曲がる道に並んで咲いていたのを見たときである。名古屋グランパスジェフ千葉戦の応援観戦の際であった。ジェフ千葉がJ2からなかなか戻れず、残念ながらフクダ電子アリーナには行っていない。過去の脱オシム路線の完全な失敗であったろう。

jefunited.co.jp

森谷真理ソプラノリサイタル(四谷・紀尾井ホール)を聴く

 昨日6/22(水)は、四谷・紀尾井ホールにて「森谷真理ソプラノリサイタル」を聴いた。ピアノ伴奏は、河原忠之。音楽の門外漢としては、いわば、序(クララ・シューマン)破(ロベルト・シューマン&アルマ・マーラー)急(グスタフ・マーラー)の歌曲の構成で、最後までうっとりと聴いた、すてきな夜であった。シューマン夫妻とマーラー夫妻の歌曲の間に休憩が入り、ペットボトルの水(100円で購入)で喉を潤した。
 7時開演のところ、四谷駅に夕方6時前に到着、駅直結のアトレ四谷内のラ・プレシューズでケーキ&コーヒーセットを注文、ガトーショコラを選んだ。頃合い計って店を出ると、駅前に人だかり、れいわ新撰組山本太郎代表の選挙演説の最中であった。ビラを配りに寄って来た若い男性運動員に、ビラは断り「紀尾井ホールってどこだかわかりますか?」と訊くと、意外にニコニコして「先ほども訊かれましたよ。横断歩道を渡って、ほらあの左の道を道なりに行けば左にあります。何かリサイタルとか?」「あの道ですか、そうリサイタルです。ありがとうございます」と別れ、赤信号待ちをしてチケットがないのに気がつき、慌てて戻ろうとすると、運動員の人「どうしました?」と。「チケットを喫茶店に置いてきてしまいました」と歩きながら応えた。人だかりを通り過ぎるとき「消費税はなくしてもいいんですよ、ない国もあります、マレーシアなんかないですよ」と山本代表の声。「おお」と一部群衆の感嘆の声。
 アトレ四谷に入りラ・プレシューズの女店員にチケットの忘れ物なかったか尋ねると、すぐに坐っていたテーブルを調べてくれ「なかったですね」。そこでトートバッグを再度改めれば何とチケットが入っていたのだ。変形性膝関節症限界までの〈スピード〉で横断歩道のところまで歩くと、また運動員の人が「ありましたか?」と訊いてくれ、左手に握ったままのチケットを示して「ありました、店に」とこちら。れいわにむろん票は入れることはないが、好感のもてる運動員であった。
 幸い開演時間には余裕で間に合った。じつは昔オペラ歌手でバス歌手の岡村喬生のリサイタルを、紀尾井ホールで聴いたことがあるのだが、すっかり経路を失念していた。昨晩最後のトドメに持参の傘を置き忘れて帰宅したことであった。

simmel20.hatenablog.com

simmel20.hatenablog.com

note.com



主語は一人称単数で、そして「陽明学的心性」を相対化すること

simmel20.hatenablog.com▼小島准教授の「陽明学的心性」は、マックス・ウェーバー風にいえば、「結果倫理」ではなく「心情倫理」にあたるものであろう。明治になって、この「陽明学的心性」は、キリスト教プロテスタンティズム)やカント哲学そして社会主義思想の受容まで基層で支えていたのではないかと分析している。見事な考察である。
『彼らが信じた「陽明学」を「陽明学ではない」と断言的に否定する権利は、わたしにはない。彼らが求めていたのは、王陽明その人の教説に原理的に忠実に生きていくことではなかった。彼らが置かれた時代背景の中で、生活指針となりうる過去の思想的遺産であった。それは「彼らの陽明学」であった。ここで私に言えることは、「彼らの陽明学は、王陽明陽明学ではない」ということだけである。』

simmel20.hatenablog.com

 

ストラヴィンスキー「春の祭典」

simmel20.hatenablog.com

simmel20.hatenablog.com

simmel20.hatenablog.com

simmel20.hatenablog.com

   従来は観られた、ピナ・バウシュ、プレルジョカージュ、サシャ・ヴァルツ振付の「春の祭典」は表現の過激さからか、YouTubeでは非公開となっている。残念。

二十四節気の梅子黄(うめのみきばむ)

 わが庭の梅の実。