田端は文学の聖地でもある

昨夜はパリで2度の『天気の子』ティーチインを行いました。パリ中のマニアが集まったのかと思うほどの踏み込んだ質問ばかり。夢のような時間をいただきました!これで、半年以上に渡った『天気の子』国内外キャンペーンは全て終わりです(たぶん)。皆さん…

15年ぶり:ピンク・レディー&横浜F・マリノス

www.youtube.com ピンク・レディー、15年ぶりの新曲公開。 www.youtube.com 横浜F・マリノス、Jリーグ15年ぶりの優勝を決める。

歌人吉村睦人さんの逝去を悼む

Facebookで、新アララギ元代表であった吉村睦人さんの訃報を知った。初代代表宮地伸一さんの葬式で偶然お会いしたり、お宅に連れ合いと一緒にお邪魔したり、拙著『十一の短篇』(菁柿堂)の出版祝賀会に臨席し励ましていただいたりなど、多くのことが思い浮…

さよなら山手中央署横溝署長(梅宮辰夫)

digital.asahi.com www.nikkei.com www.youtube.com

丸ノ内仲通りは洒落た通り

headlines.yahoo.co.jp 【日本代表感謝のパレード‼️】ラグビーW杯で初の8強入りを果たした日本代表、東京・丸の内で800mに渡りパレード❗FL #リーチマイケル 主将は「日本中が #OneTeam になった」と感謝。推定5万人のファンを目にしたSH #田中史朗 選手は終…

三越と三越劇場:テレビ東京『新美の巨人たち』

www.tv-tokyo.co.jp 12/7(土)夜10:00〜テレビ東京の『新美の巨人たち』で、日本橋三越(本店)を特集していた。「歴史に刻まれた美のカタチ」というサブタイトルで、Art Travelerは、女優貫地谷しほりさん。番組では、明治時代からの歴史を解説(声・林家…

ひさしぶりにバッテラを食べる

夕方ダイエーモリシア津田沼店・イオンフードスタイルで買い物。目に留まったのが、鯖バッテラ寿司3個のパック。思わずかごに放り込んでしまった。かつては京樽のなどよく買って食べていたものだが、寄生虫のアニサキス感染による食中毒の事案が、そこそこ…

山茶花朝倉咲く

庭の表道路側で山茶花・朝倉が咲いている。白の千重(せんえ)咲きで、清楚で気品を感じさせる。いよいよ寒い季節が到来した。

絓秀実『吉本隆明の時代』(作品社)を読む(3):現代格差社会

simmel20.hatenablog.com simmel20.hatenablog.com simmel20.hatenablog.com 絓秀実氏は、『ヨーロッパにおける1920年代問題が、日本の60年代初頭において、「市民主義者」丸山眞男を含む構造改革派と黒田寛一とを両極とする対立として現出していた』とし、…

鮨 なんば(阿佐ヶ谷店)で食べたことがある

tabelog.com かつて阿佐ヶ谷店のみだった鮨 なんばが、平成30年3月東京ミッドタウン日比谷に2号店を出し、そこで親方が握っているらしい。阿佐ヶ谷店のほうは弟子の職人らに任されているとのこと。 www.hibiya.tokyo-midtown.com alwaysudon.com 「食べロ…

矢内原美邦演出・振付『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』

spice.eplus.jp www.nikkei.com 来年2/22(土)のチケット購入済み。どんな『椿姫』になるのか愉しみである。そのころであれば、わが庭に乙女椿が咲いているだろう。3月になれば鮮やかな京唐子が。 simmel20.hatenablog.com

暦の上ではディセンバー

♪暦の上ではディセンバーGMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース天野アキ 入間しおり 遠藤真奈 宮下アユミ 喜屋武エレン有馬めぐ 成田りな大矢梨華子 傳谷英里香 林愛夏 高見奈央pic.twitter.com/eozTzg3Frq — スリーJ プロダクション (@JJJpro…

『風の道』第12号発刊:世田谷自然左翼

『風の道』第12号が発刊された。ゆりはじめ氏の「侃々諤々(二〇一九年)」冒頭。 近頃の特色と云えばまずは台風ということだろう。今年(二〇一九)の発生数はとも角も日本列島への立ち寄る数は圧倒的に多くなっていることは確かだろう。際限なく有害な一酸…

木内みどりさん追悼:越川道夫監督『夕陽のあと』鑑賞

www.youtube.com yuhinoato.com 昨日11/26(火)午後、新宿シネマカリテにて、越川道夫監督、貫地谷しほり&山田真歩W主演の『夕陽のあと』を鑑賞して来た。この監督の作品では、映画館ではないがPCで『二十六夜待ち』を観ている。市井に生きる人間の哀しみ…

ク・ハラさんの死を悼む

韓国で最近目立つ芸能人の自殺。自殺の原因の一つはネットでの悪口ではないか。というのも、KPOP自体はあまり嫌いでもないが、ネットにファン軍団がいて、これが人間のクズ、不快このうえない。実際、ナチ少年団に一番強く反対しているのは、他のグループの…

『サド侯爵夫人(第二幕)』は観ていた

www.scot-suzukicompany.com 来年の今日11/25で、三島由紀夫自決50周年を迎える。三島由紀夫の小説単行本は、それほどの数読んでいなかったが、ずいぶん前にまとめて古本屋に売っぱらってしまった。いまわが書庫の書棚には一冊も置かれていない。昔京都の旅…

そうか! 変体仮名だ

www.tokyo-np.co.jp ただ、その答えは「考えたことがない」「昔から使っているから」がほとんど。残念ながら核心には迫れなかったが、同じ店でも商品によって使わなかったり、値段が高い商品に使ったりする傾向があることが分かってきた。 店主の中には「固…

カトリック教会関連で

www.cnn.co.jp 「橋をつくる神学」という観点から教皇を捉えたインタビューが朝日新聞の記事になりました。教皇のことをラテン語で summus pontifexと言いますが、教皇フランシスコは、pontifexという語の語源pons(橋)+facio(作る)に基づいて、「橋をつ…

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作、演出『ドクター・ホフマンのサナトリウム』観劇

11/19(火)夜、横浜みなとみらい線日本大通り駅下車の KAAT(神奈川芸術劇場)にて、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出『ドクター・ホフマンのサナトリウム』を観劇した。2幕ながら休憩15分を含めて3時間30分の大作。千葉県船橋市の拙宅に帰ったとき…

最初の月命日そしてボジョレー・ヌーヴォー

1 2 3 4 5 6 7 8 本日は、亡き連れ合いの埋骨後初めての月命日。船橋駅北口からタクシーで霊園まで。水桶に水を汲んで(写真1)、わが家の墓へ(写真2)。花は、近所の花屋さんで購入している。地元の店を尊重したい。東葉高速鉄道が通って行った…

エリカの花散るとき

www.youtube.com

ぼちぼち〈大掃除〉か

大掃除の季節が迫ってきている。とりあえず庭に面したガラス戸の拭き掃除をと、数日前に雑巾で実行したが、黒く汚れた雑巾の後始末の方が厄介であった。百円ショップで見つけた窓拭きシートで、本日別なガラス戸を拭いてみると雑巾と同じ仕上がりで、しかも…

知らぬ間に立寒椿(山茶花)咲いていた

天候不順であまり庭の手入れをしていなかったが、山茶花の仲間である立寒椿が咲いていた。確実に季節が移ろっている。

中国製竹コプター

中国武漢の53歳になる農民・舒满胜さんが作った“タケコプター” 製作費用は1万元ちょっと(20万円くらい?)だとか #中国の農民のおっさんが作ったシリーズ pic.twitter.com/PzUl82P2XT — けろっと (@kerotto) November 16, 2019 これくらいの高度で飛べるので…

シクラメンの花そして電力詐欺

今日はなき連れ合いの誕生日。次男が私用あり、明日と2日間船橋まで来るとのことで、途中シクラメンの鉢を買って来てほしいと家族用LINEを通じて依頼。写真のようなみごとなものが手土産となった。さっそく位牌のそばに置いて線香を焚き祝いとした。 次男が…

通し狂言『孤高勇士嬢景清(ここうのゆうしむすめかげきよ)』観劇

昨日11/14(木)は、国立劇場にて、通し狂言『孤高勇士嬢景清(ここうのゆうしむすめかげきよ)』を観劇した。国立劇場で通し狂言を観るのは、じつにひさしぶりのこと。昔少年時代に、芝居嫌いの父に代わって母(今年3/14、104歳で大往生)のお供で、歌舞伎…

谷崎潤一郎「人魚の嘆き」

谷崎潤一郎の『人魚の嘆き』は、名越国三郎の挿絵2枚の削除を条件に発禁処分を免れた大正6年版初版本が有名ですが、大正8年版『人魚の嘆き・魔術師』の水島爾保布による絵も負けないくらい怪しげです。しかもこちらは大判なので、画集のように見栄えがします…

フリードリッヒ・シラーの演劇

setagaya-pt.jp 来春のこの舞台、ぜひとも観たいものである。フリードリッヒ・シラーの『メアリ・スチュアート』は、昔(1983年5/26)千田是也演出の劇団俳優座公演を俳優座劇場にて観劇している。エリザベス=川口敦子とメアリ・スチュアート=栗原小巻の台…

「桜を見る会」催すなら〈大久保さん〉を招待せよ

www.jcp.or.jp この「桜を見る会」は少なからぬ報道で知る限りでは、千葉県森田知事の台風時の自宅点検行動と同じ、公私混同の退廃で、日本共産党小池書記局長の指摘の通りである。立憲民主党は、民主党鳩山政権下で同じ公私混同をしていた疑いもあるらしい…

『蝶々夫人』(森谷真里)の「君が代」

news.tv-asahi.co.jp 東京二期会森谷真里さんのソプラノは、今年『サロメ』と『蝶々夫人』で堪能している。 simmel20.hatenablog.com simmel20.hatenablog.com