2020-07-14から1日間の記事一覧

里見弴の短篇「毛小棒大」

7/14 お誕生日の里見弴は、学生時代に志賀直哉、武者小路実篤と「白樺」の創刊に参加、後に独自の道を歩みました。泉鏡花に傾倒しやがて師事、兄に作家の有島武郎、画家の生馬、久米正雄は若い頃からの友人です。常設展示室1で随筆「歳月とは」とスケッチ、…

「有明淑(しず)の日記」と「女生徒」

川上未映子が太宰の「女生徒」が有明淑の日記を下敷きにしているのを知らないで「どう見たっておじさんの文体ですもの」と言った時に訂正してあげなかった安藤宏はすごく悪い人だと思っている。 — 小谷野敦とちおとめのババ・バロネッタ (@tonton1965) 2020…